肌をいたわりながら紫外線をカットすることで、肌の老化を遅らせる

肌をいたわりながら紫外線をカットすることで、肌の老化を遅らせる

紫外線はお肌の老化を促します。
夏にしっかりと日焼け止めを塗っている人でも、冬はファンデーションに日焼け止め効果が入っているからという理由で日焼け止めを塗らない人も多いのではないでしょうか。
確かにファンデーションやBBクリームなどに日焼け止め効果があるものも多いです。

 

しかし、それだけでは足りません。
夏以外の季節でも、毎朝メイクの前にはしっかりと日焼け止めで対策は必要です。
ファンデーションは顔にしか塗りません。

 

 

顔はもちろんですが、髪の毛の生え際、耳の裏、首筋とムラなくしっかりと塗ってください。
また、日焼け止めにはPA(プロテクショングレイドオブUVA)が4段階あります。

 

これは+のマークが多いほど強力なのですが、強ければ良いというものでもありません。
PAが強い日焼け止めばかりを長期にわたって塗り続けると、逆にお肌の負担になってしまいます。

 

 

せっかく紫外線を防いでお肌を守っても、その日焼け止めが原因となって肌が乾燥したりシワの原因になってしまいます。
また、強力な日焼け止めはなかなか落ちにくいという特性もあるので、洗顔時にも負担がかかってしまいます。
毎日連続での使用はお勧めできません。

 

 

そのため、日焼け止めは春と夏は2種類用意するようにしてください。
レジャーや外出が多い日にはPAが強いものを、日常の生活ではPAが弱い〜普通くらいのものを、と使い分けるようにしてください。
秋と冬は比較的紫外線は少なくなるので、PAが弱いものを購入するようにしましょう。
日焼け止めといっても種類はさまざまです。

 

 

秋と冬に使用する日焼け止めは高価なものである必要はありません。
それよりも毎日つけるものなので、「肌にやさしい」と謳っているものを購入するようにしてください。
特に敏感肌の人は赤ちゃんでも使用できるものであれば、毎日塗っても安心です。

 

 

そして夜はしっかりとオフして就寝。
一年中、肌をいたわりながら紫外線をカットすることで、肌の老化を遅らせることができます。
ぜひお肌にあった日焼け止めを見つけてください。