背筋ピーン生活と、適度なストレッチでいつまでも若く

背筋ピーン生活と、適度なストレッチでいつまでも若く

ある日、母の友人が歩いているのを見た時、軽い衝撃を受けました。
「母より年下のはずなのに、ずいぶん老けて見えるなあ」

 

なぜ彼女が老けて見えたかというと、猫背だったんですね。
年をとるとどうしても背中が丸くなりがちですが、背中が丸いとあんなに老けて見えてしまうのかとショックを受けました。

 

それ以来、とにかく姿勢を良くすることを心がけています。

 

立っている時も座っている時も下腹部に力を入れて、背筋をピーン。
そうすると腹筋・背筋も鍛えられてダイエットにもなりそうなので、常に背筋ピーンを心がけています。

 

背筋ピーンの心がけは、歩いている時も同様。
歩きスマホは猫背になるし、老眼にもなりやすくなるので絶対にNG。

 

前を向き、頭のてっぺんが空から引っ張られているような感覚で、背筋を伸ばして歩くようにしています。
足を出すときも、膝下だけでドタドタ歩くのではなく、腰から脚全体をスッスッと前へ前へ。
そうすると太ももに力が入るので足やせにもなりますし、何より歩く姿が美しくなります。

 

猫背・ガニ股で歩くのは、いくら若くて美しい女性でも幻滅してしまうもの。
女性のたしなみとしても、背筋を伸ばして腰から脚を運んで歩くのは大切なことだと思います。

 

そのような背筋ピーンの生活ですが、正直に言って少し疲れることも。

 

また、首まで力を入れていると、ストレートネックという状態になり、整形外科のお世話になることもあります。

 

このストレートネックはかなり痛いもので、以前通った整形外科で「姿勢が良すぎることが原因」と言われてしまいました。頭の先から脚の先までピーンとさせすぎて、本来少し湾曲しているはずの背骨が不自然に真っすぐになってしまい、痛みが起きたのだそうです。

 

姿勢を良くするのも善し悪しですね。

 

そんな悲劇を防ぐためにも、背筋ピーンは意識しながらも、スキマ時間に首・腕・背中のストレッチをすると良いでしょう。
首をグルグル回したり、腕を後ろにグーンと伸ばしたりすると、ストレートネックのような体のこわばりを防ぐことができ、頭もスッキリしますよ。

 

背筋ピーン生活と、適度なストレッチ。
それで、きっといつまでも若く見られるようになりますよ。