ダイエット中も炭水化物をできる限り摂取しなければならない理由

ダイエット中も炭水化物をできる限り摂取しなければならない理由

ダイエットにおいて、脂質(炭水化物)は天敵とみなされています。

 

 

減量をされる方の多くは、ご飯の量を減らし、おかずだけを食べるようにするなどの工夫をしています。

 

 

実際、炭水化物を一切カットするダイエットとしてケトジェニックダイエットがありますが、これはかなりテクニカルなダイエットで、初心者には向きません。
私が実践していたダイエットでの食生活は、炭水化物は確かに食べ過ぎないようにはしていましたが、決して一切取らないということはしませんでした。

 

 

炭水化物とひとくくりにしても、実際にはその食材は多く、それぞれ血糖値を上げるスピードが異なります。血糖値の上昇が速い食材は、そのまま余計な脂肪になりやすいのでなるべく避け、逆に血糖値の上昇が緩やかな食材を選んで食べるようにしています。
まず、白米は血糖値の上昇を高めるスピードが速いので、ダイエット期間中はなるべく避けたいところです。

 

 

白米の代わりとして、玄米がまず挙げられます。玄米は血糖値の上昇が緩やかで、また腹持ちもいいので、おすすめです。私は白米から玄米に変えたことで余計な脂肪がつかなくなり、体重も安定していました。
また、最もおすすめな炭水化物はオートミールです。これはあまりなじみのない食材ですが、欧米ではかなりポピュラーな食材です。

 

 

いうまでもなく血糖値の上昇は緩やかで、また豊富な食物繊維とたんぱく質を含んでいます。

 

 

おなかの調子も整うので、便秘になることもなく、ダイエット期間中も体調を崩すことはありませんでした。

 

 

また私は、ダイエット期間中でも、あえて血糖値の上昇の速い炭水化物も食べていました。血糖値がすぐに上昇するということは、エネルギーになりやすいということですので、主にトレーニングの前に摂取し、トレーニングでの集中力を落とさないようにしていました。
炭水化物は人間にとってのガソリンのようなもので、これがないと体がうまく機能しないので、できる限り摂取しましょう。